>

床の上に床を貼る工法がある

すぐに床を貼ることができる

重ね張り工法は、床を剥がすことはしません。
いきなり新しい床を、今までの床の上に貼ることができます。
ですから時間短縮に繋がり、早く工事が終わると言われています。
1つの部屋なら、1日で終了するそうです。
また張り替え工法の場合は、これまで使っていた床はゴミになります。
重ね張り工法の場合は余分なゴミが出ることは無いので、費用が安くなります。

メリットが多いですが、もちろんデメリットもあることを忘れないでください。
デメリットは、床の下地をチェックできない部分です。
重ね張りをしたあとで、床の異常に気付くことがあります
異常のレベルによっては、結局床を全部剥がして対処しなければいけません。
すると費用が無駄になります。

どのくらい安いのか確認しよう

広いリビングでも。重ね張り工法なら10万円以下で済むケースが多いです。
平均的には、9万円だと言われています。
予算が少ない人にとって、非常に嬉しい部分ですね。
キッチンの場合は5万円前後で施工をしてもらえます。
トイレに至っては、2万円から3万円という安さで依頼できます。
お金に余裕のない人でも、住宅の全体を床張り替えすることができますね。

下地の確認ができない部分だけがデメリットなので、事前によくチェックしておきましょう。
自分でも床がきしんでいないか、沈んでいないかなどは調べることができます。
そのような異常が何も見られなかった場合は、重ね張り工法を依頼しても大丈夫でしょう。
事前のチェックを忘れないでください。